同窓会に出席する50代女性の服装を春夏秋冬別に紹介!

Sponsored Link

 

 

50代になってから同窓会の案内が
来ると、懐かしさでうれしくなる
反面、何を着て行こうかとても気になりますよね。

 

 

 

みなさんはこれまでにも、何度か
同窓会へ出席されたことでしょう。

 

 

 

それぞれの年代で、場所、話題が
違っていたでしょうし、若い時に
は華やいだ雰囲気に合う服装で、
元気に再会を喜び合っていたのではないかと思います。

 

 

 

でも、50代に入って同窓会に
出席するにあたり、

 

 

あ~、みんなどうしてるかな~

会いたいな~と思うけれども、

 

 

 

どうも当日の服装のことが
気になってしかたがない方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

やはり年齢を重ねることによって
体型もしだいに変わってきますので、
着るものについては悩みが尽きないのではないかと思います。

 

 

 

そこで今回は主に50代の方を
対象に、同窓会の服装について、
それぞれの季節ごとにおすすめ
したいものをご紹介させていただきます。

 

 

 

どうか参考になさって、久しぶりに
会う同窓の方々と楽しいひとときを
過ごしていただけましたら幸いです。

 

 

 

 

同窓会に出席する50代女性の服装~春

 

 

まずポイントとして、
1つめは学校行事の時のような
堅苦しい服装にならないように、
着る人の個性が感じられる大人の装いを心掛けるのがよいでしょう。

 

 

セットアップのスーツよりも、
少しアレンジした服装の方がおしゃれな印象を与えます。

 

 

特に贅沢ではない服装でも
アクセサリーをつけて華やかさを
出したり、テーラードジャケットを
一枚羽織るだけでも、ちょっとした華やいだムードが出せます。

 

 

そして、もう1つのポイント
としては、年齢にふさわしい服装
を心掛けるということです。

 

 

若々しさを求めるあまり、
若い方向けのものを着てしまうと、
周りから浮いてしまうことがありますので注意しましょう。

 

 

 

一方で落ち着いた印象を作って
くれるモノトーンの服装が
多くなりがちですが、そうなると
顔色が暗く見えることがありますのでこちらも注意が必要です。

 

 

 

春の装いのポイントは、
できるだけ明るい色を取り入れることです。

 

 

 

パステル調のものは春によく合い
ますので、ジャケットにだけでも取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ボトムスはひざ丈のタイトスカートが良いでしょう。

 

 

 

色はジャケットと同色にしても
良いですし、黒や濃紺のもので
あれば、どういった色のジャケット
にも合わせやすいので、こちらもおすすめです。

 

 

 

ストッキングの色はボトムスの
色に合わせて、ベージュや黒を
使い分けていただけたら良いでしょう。

 

 

 

それと、襟元にスカーフを持ってくるのもおすすめです。

 

 

 

スカーフはそのまま巻いて出席
しても良いと思いますが、
ストールは食事中は外した方が良いでしょう。

 

 

 

5月以降、暖かくなってきたら
トップスをカットソーやブラウス
にして、初夏の雰囲気を出すようにします。

 

 

 

もちろん和装でも良いのですが、
あまり格調の高い服装にすると
同窓会の雰囲気に合わなくなって
しまうこともありますので、
付け下げ、色無地、訪問着
あたりをお召しになってください。

 

 

 

同窓会に出席する50代女性の服装~夏

 

 

エレガントなネイビーのワンピースはいかがでしょうか?

 

 

結婚式の二次会のようなフォーマル
な服装は必要ありませんから、
少しおしゃれな外出着程度の服装で出席されると良いでしょう。

 

 

ホテルの場合には、冷房が効き
すぎていることもあるため、
ジャケットやカーディガン等の羽織ることをおすすめします。

 

 

 

ジャケットを着用しない場合には、
ブラウスやワンピースの袖丈に
注意し、二の腕が目立つ袖丈を避けてください。

 

 

 

また、この年代の方の場合には
丈の短すぎるスカートは避けた方が無難です。

 

 

大人の女性らしい装いとして、
麻のシャツや目の粗いニットや
ジャケットは夏らしい雰囲気もありおすすめです。

 

 

 

また、若々しいパンツスタイルも良いでしょう。

 

 

トップスにボリューム感の
あるものを持ってきた場合には、
ボトムスはできる限りコンパクトなものを合わせます。

 

 

着物も良いのですが、付け下げや
訪問着あたりまでとします。

 

 

確かに絽の着物などはとても素敵
なのですが、フォーマルになりすぎないように注意が必要です。

 

 

 

同窓会であれば紗の着物でも良いと思います。

 

 

 

 

Sponsored Link


 

 

 

同窓会に出席する50代女性の服装~秋

 

 

 

この季節も特にフォーマルな服装をする必要はありません。

 

 

 

少しおしゃれな雰囲気の服装で出席してください。

 

 

 

秋らしさを求めるなら、ワインカラー、
パープル系、濃い目のローズピンク、
レンガ色などの色を取り入れるととても季節感が出せます。

 

 

 

11月頃からはツイード素材のジャケットも着ていただけます。

 

 

 

着物をお召しになる場合は付け下げか訪問着がおすすめです。

 

 

 

比較的自由な服装での出席が可能
ですが、 お手持ちの洋服で
秋らしい色を取り入れて、
その上にジャケットを羽織ると同窓会のスタイルになります。

 

 

 

テイラードジャケットやシャネル風
のジャケットですと少し固い
イメージがありますが、
デニムジャケットなどでしたら、
カジュアルに着こなせるので、良いでしょう。

 

 

 

同窓会に出席する50代女性の服装~冬

 

 

 

シャネル風のスーツを着用したり、
ニット素材のジャケットなども季節感があっておすすめです。

 

 

 

皮革素材のジャケットも良いの
ですが、毛足がふわふわと
したものは食事の席では避けた方が無難です。

 

 

 

コートやダウンジャケットの中に、
ニットといった組み合わせも良いでしょう。

 

 

 

ニットを着た時に普段着っぽく
なりすぎないように注意が
必要ですが、ボトムスにきちんと
したパンツやスカートを合わせれば問題ありません。

 

 

 

控えめな色調のウール素材や、
ツイードなどを選んでいただいても良いでしょう。

 

 

 

さらにコートのインナーとして
ジャケットを着用すれば、きちんとした印象を与えられます。

 

 

 

ブーツを履かれるのは問題ありません。

 

 

 

着物をお召しになる場合は、
やはり付け下げか訪問着がおすすめです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

 

同窓会の服装について述べさせて
いただきましたが、この文章を
読まれている皆様はこれまでに
様々な経験をされてきていますから、
晴れの席での立ち居振る舞いに
ついては当然ご存じかと思います。

 

 

 

服装についてはやはりその時代の
スタイルというものがありますから、

あえてこの場をお借りして、
アドバイスをさせていただきました。

 

 

 

同窓会であれば、しばらく会って
いなかったご友人と
「何十年ぶりの再会」ということも
あるでしょうから、やはり
お互いが惹かれあう素敵な装いで
参加していただきたいと思います。

 

 

どうかご自分に合った最良の服装、
メイクを心掛けていただいて、同窓会を思い切り楽しんでください。

 

 

Sponsored Link